Top Menu
Pocket

@平等院鳳凰堂

 

HSSでの授業テーマとして、「日本の伝統と歴史」を選んだ理由の1つとして、

渡米前に、日本の歴史について改めて勉強したいと思ったからだ。

 

日本人、日本人って言うけど、僕は、自分の国の歴史についてどれくらい知っているだろうか。

渡米してから、あっちで堂々と日本人って言えるだろうか。

そんな小さな疑問から、自国の歴史についてしっかりと知りたいと思った。

 

ってまあ結論から言えば、

無理にでも学ぶ環境を作らないと、この留学前に忙しい時期に、絶対に自分では勉強しないと思ったから、この授業を取ったわけだが、この授業を通して本当に多くのことを学んでいる。

 

そして、僕は留学生から多くのことを学んでいる。

留学生の中でも、1番僕が興味深いなと思ったのは、Katieという女の子だ。

日本人の母と、フランス人の父を持つハーフの子。

何故、日本も来たのかという質問に対し、

「自分のルーツが日本にあるから」という答え。

 

「So,What?」って感じだけど、これは、非常に興味深い解答。

 

日本人は、島国で、ずーーーーーーっと昔から日本人として有り続けている。

2000年近い歴史を持ち、その文化や伝統を今でも残し続けている。

 

様々な戦争を繰り返しつつも、基本的には、日本国内での争いばかりで、

日本人というアイデンティティを根底から脅かすようなことは一度もなかった。

 

つまり、僕達日本人は、遺伝子レベルで自分が「日本人」だと言うことを理解している。

 

しかし、アメリカ人はどうだろう。

わずか200年ほどの歴史で、様々な国にルーツを持ち、「アメリカ人」としてのアイデンティティは、日本人に比べたら全然不明瞭だ。

 

「私って何人なんだろう」って考えるきっかけがきっと多いんじゃないだろうか。

 

だからこそ、Katieのように、海外の人たちは、自分のルーツを知ることに対して凄い関心があるし、それが当然のことのように考えている。

 

恥ずかしい限りだが、彼らに触発される形で、僕も1人の日本人として、日本のことを深く知ろうと考えたわけだ。

また、海外の人を魅了する日本の文化を日本人の僕が知らないというのは少し悲しいしね。

 

 

 

 

 

 

About The Author

kazuya.zbz

美味しいご飯と、写真を撮るのが大好きな26歳。福井→京都→US→Rettyという会社でディレクターをしたのち、現在は(一応)地球一周中のKazuya Yabu です。

1 Comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Close