Top Menu
Pocket

Photo 2013-03-16 16 44 56

10ヶ月で何を完成させられるだろうか?

 

僕は正直言うと、こっちに来る前に抱いていた留学終了時の自分の理想像、

その半分くらいが今の俺なのではないかな?って思います。

良い意味で現実を知りました。

 

こちらに来る前は、

 

10ヶ月の留学を終了した後には、

英語が母国語の学生とディスカッションもなんなくこなし、

リーディング、リスニングも全く問題なしの、

グローバル人材予備軍になっているだろう。ふはは。

 

と思っていました。留学経験者の声はたくさん聞いていたし、

みんな苦労していることは知っていましたが、

「多分俺ならなんとか上手くやるだろう」的な幻想に駆られていました。

 

しかし、9ヶ月が経過した今でも、ディスカッションなんて、

今でも恥をさらすか、黙りを決め込んで、無価値を貫くかのどっちかだし、

リーディングも日本語に比べたら、約1/3くらいの遅さと理解力だと思います。

授業でもまだまだ理解できないことは多々あるし、友達との会話になれば、

よほど真剣に聞かない限り、全部理解することは不可能です。

 

「語学習得に近道はない」という腐るほど聞かされた、

この言葉が身に染みて感じるばかりです。

 

留学で悟った、二兎を追う者は一兎をも得ず

 

これだけ毎日英語に囲まれて環境にいてもなお、

語学習得には、これだけの時間がかかっています。

 

これまで22年間、いつも何かを得ようと走ってきて、

これだけは身につけたい、手に入れたいと思って、

本当に使えるレベルまでに育ったスキルはどれくらいあるだろう?

と振り返ってみても、やっぱり答えに窮するのが今の僕で、

これが、今の僕の市場価値なわけです。

 

*まあもちろん、そんなすぐに使えるスキルだけが市場価値を決めるわけではないです。

 

ここで僕は、大事な人生のエッセンスを身を以て体験することになるのです。

いくら頭でわかっていても、自分で経験するまでは動けない。

これは僕の頑固さ故なのか、それとも人間の常なのか。

 

二兎を追う者は一兎をも得ず

 

二兎を追わぬ者は一兎をも得ず

とかなんか色々あるけど、

ちょっとうるせえ。

 

なんというか、別に追う数どうのこうのを言いたいわけではなく、

使えるレベル(難しい定義は省きます)になるまでに、

語学だけでなく、やっぱり何事も時間がかかります。

 

あのドラッカー尊師でさえ、1つの分野を極めるのに、

3年をかけたと言うほどであるのに、

何故僕が、半年や1年でできることがあろうか。

そしてそれをいくつも並行できることがあろうか。

 

いや、こんなこと留学に来る前からわかっていました。

ただ、ここに対する焦りが良い意味で消えたのが、この留学でした。

 

むしろ、何かを身につけよう、身につけようとすればするほど、

かえってもどかしいくらいに身に付かない、

そしてモチベーション低下、

結局あきらめるという黄金パターンへの架け橋になるのではないでしょうか。

 

だから、この習得スピードに対する一種のあきらめが重要であり、

それと同時に、モチベーションに依存しない環境作りがやっぱり大切なんだと思います。

習得のスピード云々を考える前に、もっと大切な部分にフォーカスした方がいいんですね多分。

 

空いた時間があれば、色んなことをやれると思ってしまうのが人間です。

でもできることは、そこからマイナス3をしたくらいで丁度いい。

 

これは行動経済学でもよく出てくる、

計画錯誤ってやつですね。

 

だから、まあ自分のマネジメントが上手くいかない間は、

環境の見極めをしながら、いわば強制的に何かを身につけるのが1番いいんだと思います。

 

まあそんな僕でも、なんとか、なんとかやり抜きながら、

上手くやっています。

 

今も、やっと毎週の課題であるアートヒストリーの課題が終わったばかりですが、

こっち来た時は、50ページのリーディングアサインメント、

1枚のペーパー書くにも、4〜5日かかったのに、

今では3枚くらいのボリュームを2日くらいで書けるようになりました。

 

まだまだであることには変わりないのだけれども、

こうやって、少しずつ動いているんだと思います。

 

そう考えると、人生できることはほんとに少ないんだなー。

これが結論なんですよね。

About The Author

kazuya.zbz

美味しいご飯と、写真を撮るのが大好きな26歳。福井→京都→US→Rettyという会社でディレクターをしたのち、現在は(一応)地球一周中のKazuya Yabu です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Close