Top Menu
Pocket

 

最近、大学や地元の友人から「かーくん、どうするんだっけ?」と聞かれることがしばしばあり、一応ブログで今後の進路に関して報告させて頂きます。

別に、誰も僕の進路とかに興味ないと思うのですが、数少ない僕のご友人と、スタートアップやRettyに興味がある方(特に僕くらいの年代の方々)に少しでも参考になればと思い、キーボードを叩きます。

書くタイミングは、地元に帰ったこのタイミングしかない!

*スタートアップってよく分からんっていう僕の親愛なる友人達へ。僕は、現在社員15人くらいの小さな会社で楽しく働いております。

 

そもそもRettyとは?

Rettyは「新しい外食体験」ができるサービスです。(ステマじゃないです。宣伝です。)

先月おかげ様で月間訪問者数が200万を越えました。→参考記事

アプリやPCでお使い頂けます。

僕自身、大学時代、食べることは食欲を満たす為のものだと思っていました。お店選びの基準も、価格とスピード。

そんなときに、Rettyを使い出して、徐々に僕の食生活が変わり、美味しいものを食べさせてもらえることが、こんなに幸せなことなのか。と思うようになり、食べ歩きにハマりました。

東京に来てから7ヶ月。Rettyで出会った150件近いお店でご飯食べました。田舎からぽっと出の23歳には、刺激的すぎる経験です。

Photo 2014-03-24 19 20 10

*恵比寿の行きたいお店リスト

 

そんなRettyに新卒で入社します。

そんなRettyに新卒第一期生として入社させて頂くことになりました。僕の他にも、あと2名、Rettyでチャレンジする優秀な新卒の同志がいます。

僕の入社の経緯としては、昨年5月にアメリカでの大学留学を終え帰国し、9月に日本の大学を卒業。9月の大学卒業から新卒入社までの時間は、スタートアップで経験を積むことにしていました。

そのため、帰国後、幾つかスタートアップを探して、Rettyにてインターンシップをすることにしました。

インターンシップを開始して2〜3ヶ月、Rettyでやろうぜと声をかけて頂いたので、迷うことなく即決。7ヶ月働いてめちゃくちゃ楽しくやらせてもらっています。

 

Retty入社を決めた理由は、楽しすぎるから

Rettyに入社を決めた理由は、一言で言えば、「楽しすぎる」ということが1番大きいです。

凡人が非凡な人材になるための唯一の方法は、ハマること。ダンスで嫌というほど、これを体感してきました。

そして、楽しくないことに1日何時間も費やすなんて、僕には到底できないと思っていたので、目の前にあった「貴重な楽しめる環境」を選ぶことにしました。

 

なにゆえ、そんなに楽しいのか。

これも理由をあげるとキリがないのですが、簡単に2つ。

1. 望んでいる成長の角度に対して、極めて近い角度・早いスピードで近づけていること

僕の望んでいる成長の角度っていうのは、ざっくり言うと「世界中で使われるサービス、組織っていうのを創れる人に」的なところにあります。

そういう意味で、Rettyは非常に良い会社だと思います。スタートアップだからこそ、新卒以外の社員は、極めて優秀で経験豊富なプロフェッショナルな集団です。

そんな環境だからこそ、様々な示唆に富んだフィードバックを得ることができます。そして当たり前ですが、自己の裁量は無限大。

多分、これは自分でスタートアップをやっていたとしても、もう少し大きな企業に新卒で入っていたとしても、これほど「精度の高いフィードバック」と「無限大な自己の裁量」をバランスよく保ちながら、仕事ができる会社に巡りあえることって、なかなかないんじゃないかなって思います。

こんな感じで、 Rettyはが望んでいる成長の角度に対して、極めて近い角度・早いスピードで近づける環境だったことが楽しすぎると感じる、大きな理由の1つです。

 

2. Rettyのビジョンに深く共感している

2つ目の理由としては、Rettyの「食を通じて世界中の人をHappyに」というVisionに心酔したこと。

Visionとかキレイごとやん。痒いわ。って思っていた僕は、大変未熟でした。ごめんなさい。

自分でサービスを使う内に、Rettyを使ってくれているユーザーさんと話す内に、Visionを理解し、Visionの伝道師に僕はなりました。

食を通じて世界中の人をHappyにするにはRettyじゃないとできない。僕みたいなグルメ通とは対極にいた、僕の習慣でさえ変えました。

なので、僕たちがしっかりサービスを正しい方向に導きさえすれば、みなさんの外食体験もHappierなものに変えることができると思っております。そういうVisionに共感した一人として、このmissionに参加したいなと思いました。

と簡単にはなりますが、理由としてはこんな感じです。

 

最後に。同志を募集しております

「やぶくん、ブログ書いていたけど、投稿数伸びてる?仕事してる?」と武田社長に言われないためにも、上の2つに少しでも「ピン」と来た方。是非Rettyで一緒に頑張りましょう。

メール(yabuあっとまーくretty.me)で送ってもらっても良いし、wantedlyからも応募できます。(Wantedlyはこちら)「このブログを見た」と言ってくれると、もれなく僕が面接官になるかもしれません。

現在、僕のような学生インターンが、15名ほど一緒に働いております。上にも書きましたが、Rettyは爆速で成長させて頂いているサービスであり、あらゆる場面で徹底してユーザーファーストを貫いております。そして美味しいご飯が食べられます。

本当に、ユーザーさんに支持されるサービス創りを学びたいという方!デザイナー、エンジニア、企画全ての職種で応募お待ちしています。

About The Author

kazuya.zbz

美味しいご飯と、写真を撮るのが大好きな26歳。福井→京都→US→Rettyという会社でディレクターをしたのち、現在は(一応)地球一周中のKazuya Yabu です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Close