Top Menu
Pocket

 
 
【読了時間3分】

6・7月に読んだおすすめ本5冊

6月は梅雨ということもあり、晴耕雨読の生活ができました。その中でもオススメの本を5冊ほどご紹介します。

1冊目:アジアシフトのすすめ

大学生・社会人の若い人にオススメできる本。

これまでも数々の「グローバル」に関する書籍・記事を発信してきた田村耕太郎さんですが、今回田村さん自身がシンガポールに移住して、実際住んで感じたことなどをこの書籍でまとめています。

歯に衣着せぬ意見は非常にまっすぐであり、文章から非常にエネルギーが伝わって来る。大学生・社会人の若い人にはきっと目新しい情報があるし、何よりパワーが感じられ、行動を促す1冊となっています。

2冊目:シンプルに考える

C向けのサービスを作っている人には、必読の1冊。

LINEの元CEO森川さんの本。今ではお馴染みのLINEですが、当時LINEが出てきた頃には「メッセージアプリ戦国時代」と言われるほど、たくさんのメッセージアプリが出てきました。

その時代をくぐり抜け、今最もワールドワイドに展開出来そうな日本のサービス・組織と言っても過言ではないLINE。

今では数百名の社員を抱え、当本人もCEOからは退いているにもかかわらず、組織ではしっかり森川izmが残っている気がします。

そんな森川izmを学べる1冊となっています。シンプルに考えるっていうタイトルにあるように、極めてシンプルなことが書いてあります。

3冊目:THE PLATFORM

プラットフォームについて考える1冊

尾原さんは、とにかくキャリアが多様。

尾原和啓(おばら・かずひろ)
1970年生まれ。京都大学大学院工学研究科修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーにてキャリアをスタートし、NTTドコモのiモード事業立ち上げ支援、リクルート(2回)、Google、楽天(執行役員)などの事業企画、投資、新規事業などに従事。12職目となる現在は、インドネシアのバリ島に居を構え、日本と往復をしながらIT企業の役員などを務める。

1冊目もIT関係者必読の1冊であるが、このTHE PLATFORMもメディア関係者には必読。

いわゆる上述したLINEのようなプラットフォームが世の中に対して大きなインパクトを持つようになり、改めてFacebookやGoogleなどのPLATFOMRについて再度考えるきっかけを与えてくれる1冊です。

4冊目:シャオミ(Xiaomi) 世界最速1兆円IT企業の戦略

中国 is すごい

恥ずかしながら中国事情全然キャッチアップしてなくて、正直シャオミも聞いたことがあるくらいで、実態は全く知らなかった。

アリババ、バイドゥ、テンセントに加え、このシャオミが今中国で非常に勢いがあるとのこと。恥ずかしながら中国 is パクリくらいのイメージしかなくて、全く興味なかったんですが、中国すごい。

アジア本腰入れて、インプットしたい(決意表明)。これを読むと、CEOの雷軍がいかに聡明で、パワフルかわかると思います。これが中国のトップ層。

5冊目:ぼくは愛を証明しようと思う

かの有名な藤沢数希先生の恋愛工学についての1冊です。

ぼくからあまり多くは述べません。小説風に藤沢先生のメルマガの内容が、コンパクトにまとまっていて強烈にコスパの良い1冊です。恋愛に課題のある男子には、確実にbuyの1冊。

LINE@やってます

オススメの東京レストラン情報、オススメの旅行先なんかを気ままにLINE@で配信しています。お気軽に追加してみてください。(@vfd9314pで検索or下記から友達登録をお願いします)
友だち追加数

About The Author

kazuya.zbz

美味しいご飯と、写真を撮るのが大好きな26歳。福井→京都→US→Rettyという会社でディレクターをしたのち、現在は(一応)地球一周中のKazuya Yabu です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Close