love

奨学金を頂いている企業に毎月報告書という形で、月報的なやつを書かせて頂いているのですが、

3月分に関して少しブログでも共有したいと思ったので、共有します。

留学において、何で苦労していますか?と聞かれれば、

おそらく50個は簡単に答えることができますが、

今回はその中で1つだけ紹介します。

テーマとしては、

「あなたが出せる価値は何ですか?」

です。

“あなたが出せる価値は何ですか?”

初めての留学において、1番大変なのは、普通の留学生であれば間違いなく、言語の壁です。

僕は、こちらに来て、既に8ヶ月ほど経過していますが、

「言語に対するフラストレーション」を一日も感じなかったことは、未だにないです。

伝えたいことは伝えられるようになった。と言うには、程遠いと感じていますし、

テーマや、状況によっては、まだまだ「流暢」とは言えないレベルだと思います。

と、その言語に関しては、次のテーマに譲りまして、

今回ここで述べたいのは、では現地の人と同じ言語を使えないとはどういうことか?ということです。

お金を持った観光客ではなく、語学学校の留学生の中の1人の生徒でもなく、

現地の人と(僕の場合は学生として)平等に戦うということはどういうことか?

あくまでも、戦うという表現を使いましたが、現地の学生と同じ土俵で、

同じ基準で戦うとはどういうことか?というのを問われ続けたのがこの1年でした。

“お前がこの授業で出せる価値は何なんだ?”

日本であれば、頭の中にある浅い知識や記憶でも、言葉にして、何だかんだその場をごまかすことができました。

しかし、語学にディスアドバンテージがある僕としては、

頭の中でクリアに整理されていない情報を、相手が納得してくれるレベルでアウトプットすることは、

ほぼ無理に等しかったのです。言葉で納得させるには語学のスキルが不足していたのです。

そういう状況の中で、アメリカでは常に「どういうアウトプットができるか?」ということが問われますし、

逆にそこに応えられない生徒は、無価値と言っても過言ではないのです。

人間関係においても同じです。

友達を作るという、これまで生まれた瞬間から常に自然と、営まれてきた人間の行動も、

大抵の場合、僕自身に何かしらのメリットがなければ、当然「友達」という関係も成り立たないわけです。

しかし、言語というディスアドバンテージを背負っているということは、

その関係を成り立たせるコミュニケーションツールが不十分なため、

相手にストレスを与えかねないのです。

そのストレスを与えられかねないという条件を考慮した上で、

更にこの人間とは深く長く関わっていきたいと思ってもらえた際に、

平等な人間関係が築かれると僕は考えています。

話を戻しますと、言語のスキル不足というディスアドバンテージを背負った状態で、

授業や、人間関係において、問われることは、自分自身何ができるのか?

どういう価値を相手に提供できるのか?ということです。

これは、日本の社会(言語が簡単に通じる社会)においても同じことです。

しかし、言語というコミュニケーションツールがスムーズに使えるが故に、

少し隠れていただけであり、言語が通じにくいアメリカにおいては、

それがより一層クリアになっただけの話でした。

自分は、どこがユニークなのか?

自分は、他人が持っていないどういう価値をこの社会に提供できるのか?

これをしっかり意識させるきっかけを頂けたという意味で非常に良い機会でした。

この問いは、時に残酷で、「自分が何も持っていない」と気付かされることにもなりうるのです。

僕の場合は、「ダンス」と「WEB」という2つのスキルが幸いありました。

(日本語というのも自分の価値の一つになります。)

もちろんこのスキルも、僕がどういう社会に属しているかということによって、

Talent(才能)になるかどうかが決まります。

価値は絶対的なものではなく、その社会の相対的な評価で決まるからです。

ここで1つ例を挙げます。

僕は、WEBデザインというグラフィックデザインのクラスを取っているのですが、

そのクラスでは、「新しい技術を使いながら1つWEBサイトを完成させる」というのが今学期のテーマでした。

授業の最初は、サイトのアイデア出し、コンセプト決め、ユーザー決定など、

比較的言語に依存するタスクが多く、僕の中でぼんやりとした答えがあっても、

なかなか満足いくように伝えることができませんでした。

その中で、僕は一つ自分の中で決意のようなものができました。

“サイトのクオリティでは絶対に誰にも負けない。”

“プロダクトでアッと言わせる。”

という決意でした。

もちろん僕ができるレベルは、本当にこの業界でやっている方々と比べれば、

まだまだ足下にも及びませんが、僕が今戦っている小さい社会においては負けるわけにはいかなかったのです。

口で勝てないならば、手を動かすしかないと決意しました。

そして、プロトタイプの発表の時には誰よりも早く、誰よりも優れたWEBサイトを作りました。

改善の余地はあれど、他の授業などに多くのリソースを割かれてしまう中で、

あのクオリティで出せたのは、比較的満足しています。

そして、ここで言いたいのは、言語以外で価値を出すことが、異国の地で戦うために重要だと言うことです。

僕のWEBサイトのクオリティを見て、「作り方を教えて欲しい!」と友達が言ってくれたり、

先生から、「このことに関してはどう思う?」と意見を尋ねられたり、

価値を出すことで求められるきっかけを作ることができるのです。

まとめます。

この「自分の価値は何なのか?」というシビアな問いに対しては、

やはり真剣に向き合っていかないといけないし、これがクリアになるのが留学の醍醐味だと思っています。

もちろん友達の作り方なんて多様だと思いますが、こうやって自分の価値を相手に提供しながら、

関係を作っていくことも友達の作り方の一つだと思っています。

だからこそ、これから留学を志す子や、今留学をしている子達は、こういうことにも気をつけて準備や、

留学生活を送るとより一層充実した留学生活を送れるのではないでしょうか。

3月以前の報告書はこちらから読めます。

超暇人の方は読んでみてもいいかもしれません。

About The Author

kazuya.zbz

美味しいご飯と、写真を撮るのが大好きな26歳。福井→京都→US→Rettyという会社でディレクターをしたのち、現在は(一応)地球一周中のKazuya Yabu です。

1 Comment

  1. なつき(アートオークションstory)  — Reply

    留学は今すぐ行かないけど、偶然やぶくんのこの記事見てモヤモヤが晴れました、ありがとう♪

Close